近代の法律について

近代の法律の歴史について

廃棄物に関する法律の歴史

歴史を振り返ってみると、明治の時代から憲法、民法、刑法などの基本的な法律は整備されていましたが、廃棄物に関する法律が整備されたのは戦後の昭和45年のことです。いわゆる廃棄物処理法が昭和45年に制定され、事業者の責務やごみを出す排出事業者の責務が定められ、罰則も設けられました。その後、環境保全の重要性が認識され、環境保護のためにここ20年ではリサイクルに関する法令が急速に整備され、現在では事業者だけでなく一般家庭からでるパソコンなどの家電製品をはじめとするゴミについても環境関連法令の適用されるに至っています。したがって、環境関連の法令の知識は重要性を増しています。

近代の法律の歴史について

近代市民社会が成立してからが、現代の法律の歴史が始まります。それまでは、様々な権力による支配が複合的になっており、権利は単一ではありませんでした。しかし、絶対王政で一度その権利関係がスクラップされて、整理されました。その後に市民革命が起こって、近代的な、国王であっても守らなければならないという法律の仕組みが生まれます。現在では、より発展して、国民が自分たちで決めたことにのみ従うという民主主義が世界での潮流となり、個人の人権が守られるようになっています。また、国際的にもこのような取り組みが国連主導で行われています。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 歴史ともにある法律とは All rights reserved