法律と歴史の関係

歴史ともにある法律とは

男女平等参画の歴史と法律

男女平等参画社会の歴史は、日本ではかなり新しい法律により対応がなされているところです。平成11年に施行された男女共同平等参画社会基本法により、男女が互いの尊厳を尊重しながら仕事等において、平等にやっていきましょうというのがこの法律の趣旨となっています。法の施行からまだ日が浅く、男性は外で働き女性は家で子育てに励むという昔ながらの対応が根強い地域も少なくありません。ただし、男女ともに活躍が出来る舞台を保育園の整備などで、少しずつ前進はしている状況です。1億総活躍社会の実現に向けた取り組みを政治が進めようとしていますので、その障害になるようなことは少しずつ解消されていくことが期待されています。

日本の歴史と法律の経年変化

日本の民法や刑法や商法は、とても歴史が深いルールです。そもそも先進国の中でも、歴史が非常に深く、今現在の国の形になってから百年以上の月日が経過しています。先進国の中でも一目置かれている米国ですが、国の形が正式に樹立したのは比較的最近です。英国と日本は先進国の中でも古株であり、経済力と軍事力に頼らなくても、他国から尊敬を集めています。ただ、随分と前に定められた法律が流石に平成の今日にそぐわなくなってきている感は否めません。特にネットやビジネスに関する法律は、かつて施行された民法や商法を半ば無理やり解釈して運用している事が多く、そろそろ抜本的な見直しの必要性に迫られています。

新着情報

↑PAGE TOP

Copyright © 歴史ともにある法律とは All rights reserved